Search

(株)幸兵衛窯

美濃焼ゴー!MinoyakiGO / (株)幸兵衛窯
2
3
大阪ジャパンアクセサリー
1.ペルシア色絵エルカップ-ペア
なる
赤富士陶額

買う, 皿(~21㎝), 皿(21㎝~), カップ, 丼・鉢・ボウル, 茶碗, 酒器, 茶器, 花器, 壺, オブジェ, タイル, アクセサリー, インテリア

(株)幸兵衛窯

【住所】多治見市市之倉町4-124

【電話】0572-22-3821

【営業時間】
平日・第1、3土曜日/午前9時~午後5時
日祝日・第2、4土曜日/午前10時~午後5時

【定休日】年末年始、お盆、展示入替期間のみ休館

【PR】

幸兵衛窯は、文化初年(一八〇四年)初代加藤幸兵衛により、美濃国市之倉郷にて開窯され、間もなく江戸城本丸、西御丸へ染付食器を納める御用窯となりました。流麗精緻な染付の優品を手掛けた二代、中国宣徳染付の研究に没頭した三代、名人気質の四代の後を受けた、五代幸兵衛(一八九三~一九八二)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使した名品の数々を生み出し、幸兵衛窯の礎を築き上げました。

六代加藤卓男(一九一七~二〇〇五)は、長年の研究の末、ペルシア陶器や正倉院三彩の技法を復元し、ラスター彩、青釉、三彩、ペルシア色絵など伝統と独創の融合した作品を制作しました。これらの功績により人間国宝に認定されました。

現当主である七代加藤幸兵衛は、独自の現代的な作風をはじめ、桃山陶やペルシア陶器といった幅広い作風を展開し活躍しています。そして七代幸兵衛の指導のもと、二十余名の熟練職人を擁し、品格ある和食器の制作を志しております。

【WEB】サイト instagram 通販サイト 通販サイト(アクセサリー)

【主な製造元】
幸兵衛窯
作家:加藤卓男、七代加藤幸兵衛、加藤亮太郎

【駐車場】22台(近隣のさかづき美術館に100台)

【地図】

Like

Sorry, the comment form is closed at this time.